吉中建設_ヘッダー
ホーム_ボタン 会社概要_ボタン アクセス_ボタン お問い合わせ_ボタン リンク_ボタン プライバシー_ボタン
新築実績
建築実績
新築戸建て住宅施工例 >>長岡京市 T邸 新築工事
一覧
平成19年7月:建て方施工状況
基礎工事完了後、土台(桧120mm角)を据付
いよいよ建方の開始です。
柱は120mm、通し柱135mm角、大黒柱300mm角
すべて桧を使用しています。
H20_4-4
平成19年8月中旬:竹小舞下地施工状況
昔の建築では、当たり前だった壁の下地です。
現在では、珍しくなってきましたが、この竹小舞下地の上に土を塗る事によって調湿効果にすぐれ又、自然素材のみ使用するため、健康にも非常に良いです。
H20_4-3
平成19年9月現在:土壁施工状況


竹下地の上に、土とワラを混ぜ合わせ、まず片面に土を塗り、十分乾燥させて(夏場なので10日位)から返し壁(裏面)塗ます。

 現場内は、残暑が厳しい時期ですが、屋根が日本瓦葺と土壁の効果で、涼しい感じで作業が出来ています。  

 又、先日9月4日には、検査機構による、中間検査(構造検査)も合格し、いよいよ外部サッシ取付、内部の造作工事の開始です。  
H20_4-2
平成20年4月完成:工事完了
工事着工より約10ケ月 数寄屋風の建物が完成しました。
外構もふんだんに石を使い立派な石庭ができ立派な家になりました。
やはり植栽がはいると一段と建物が引き立ちます。
H20_4-1