吉中建設_ヘッダー
ホーム_ボタン 会社概要_ボタン アクセス_ボタン お問い合わせ_ボタン リンク_ボタン プライバシー_ボタン
新築実績
建築実績
新築戸建て住宅施工例 >>向日市 W邸 新築工事
一覧
着工前建物
築100年以上建物の建替
思い入れのある建物がいよいよ
解体されます。
基礎
解体が終わり、基礎工事がはじまりました。
今回の建物は平屋建てですが、建て坪74坪ありベタ基礎仕様で底盤の厚さ200mmあり、
コンクリートの量もとても多く打設に1日近くかかりました。
壁下地組
外壁は竹小舞下地にて荒壁を塗ります。
最近では、竹を編む職人さんも、すくなくなり
ましたが、当社では、いつもお世話になってる
職人さんにて、今回もお願いしました。
竹も太くしっかりした壁下地ができました。
施工状況
施工状況です。
今回、W邸は棟続きのガレージおよび作業場
がありこの写真は、ガレージ通路の場所です。
腰壁に杉板にお城の板にも塗られている
天然植物油のウッドコートを塗りとても落ち着いた
仕上げとなっており、また上部には、漆喰を塗り
ます。
まさに、お城の雰囲気をイメージしています。
屋根(平成25年12月)
今回、屋根瓦は、三州瓦を使用
この近辺は、淡路産瓦がよくつかわれますが
三州瓦は、淡路瓦に比べ色目も少し白く、
また、表面も硬いのが特徴です。
写真の昔の煙だしを思わせる吹き抜けの
明かりとりと通風(家の中の空気の流れ)
を考慮し夏場の温まった空気が上部の窓より
流れでます。
 
足場解体(平成26年2月)
いよいよ足場の解体です。
玄関前の写真です。
玄関・居間の木製建具は青森ヒバ材を使用。
今回は青森の建具屋さんで制作していただきました。
ヒバ材は水に強く、また虫にも強い木です。
木の色目もきれいで、立派な建具がつきました。
 
平成26年3月
足場もとれ外構工事がはじまりました。
前の家にも使われていた縁石を再利用し
土間スロープのコンクリートにアクセントとしてつかいます。
思い出のある家の品物が新築の家でもいかされました。
 
ページトップ
平成26年3月
建物外観西面です。
境界CB積み
 
平成26年4月
約1年にわたり施工いたしましたW邸の完成です。
どこか懐かしい雰囲気を残しつつも、モダンな
建物ができました。
土壁+外断熱に昔でいう煙だしの吹き抜けで
空気の循環がすごく良く、夏涼しく、冬は暖かい
住まいが完成。
平成26年4月
母屋と離れをつなぐ天井(屋根は一体)の
杉板(無垢板)です。
梁や束筋違等化粧で落ち着いた雰囲気に
仕上がりました。
平成26年4月
内部
吹き抜け(煙出し部)の天井格子建具です。
格子組にポリカーボネイト板をのせ夏場は
建具を開け空気の循環をよくし、冬場には
建具を閉め、暖房効果を高めます。
上部からの明かりも取り入れとても明るい
リビングになっています。
平成26年4月
内部
和室(床の間)
琵琶床の天板(漆塗り)がアクセントとなっており
とても重厚でいてすっきりとした和室になりました。